住所 兵庫県西宮市津門呉羽町1-25
    クレッセント・イマヅ1F
電話 (0798)-33-4557
FAX (0798)-33-4558
Mail kawamoto-shiatsu@knh.biglobe.ne.jp

川本治療所の歴史

本当の治療がここにあります。副腎刺激法 川本治療所

川本治療所は、前院長・故川本重雄が大正時代にアメリカのカイロプラクティックの理論を学んだ所から始まります。 脳から出た神経が背骨を経由して内臓に分布している事を学び、其処に「指圧法」を加えました。

そして内臓治療専門の川本式『神経追跡指圧』を確立し、昭和11年芦屋にて開院いたしました。
重雄は第36代総理大臣・阿部信行様の肝臓機能低下を治し「国の財産」として評価を受け、第68代総理大臣・大平正芳様まで、ゆかりのある大臣の身体を治療してきた実績があります。

その志を重雄の孫である現院長・川本正己が引き継ぎ、伝統の技術に加えて、現代病に対する革新的な療法を取り入れながら日々治療にあたっております。

川本療法とは

■副腎にアプローチして現代病と戦う治療法

食べ物が消化され、吸った空気とが血液に混ざり合い全身に送られる。
必要な物は吸収され、要らないものは外へ。
この運搬、排出の命令をしているのが脳脊髄神経。
このシステムを狂わすのが脳ストレス。
ストレスと戦う「副腎」ここが大事。
自分の弱い部分は遺伝。遺伝に負けない身体作り。
癌、自己免疫疾患、風邪、糖尿病など現代病克服には「副腎の回復」が必須と考えます。

院内イメージ 院内イメージ
院内イメージ 院内イメージ

川本院長が身体のことについて綴っている「病気の治療所」もご覧ください(別窓)

トップへ戻る